良いものをより安く購入

お線香

仏壇の価格は商品によってかなり違いがあり、数万円程度で購入できるものあれば、数百万円など高価な商品もあります。最近は通販で選ぶ人も多く、より低価格で購入できるコンパクトなタイプやシンプルなタイプも人気です。

詳しく見る

最適なお墓を用意するなら

花

丈夫で長持ちするお墓を大阪で建てたい場合は、硬度に優れ、吸水率の低い墓石を選ぶことが大切です。みかげ石がその特性を持っていますが、みかげ石にも様々な種類がありますので、個々の特色を加味して決めると良いでしょう。

詳しく見る

設置する良さ

手

仏壇を置くか置かないか家族が亡くなった際に悩む可能性があります。もし、一人暮らしであれば置くだけでスペースを取るので、置くメリットがないと考えがちですが様々なメリットがあるのでデメリットと合わせて理解しておくようにします。

詳しく見る

永代供養も終の棲家になる

花

東京で、墓苑に土地を購入して、お墓を建設するというのは、それなりの金額がかかってしまいます。金額の面でお悩みの方には、永代供養をしてくれるお墓、お寺もありますので、それらを選択肢に入れてみるのも良いでしょう。

詳しく見る

ニーズに合わて選ぶ

仏壇

仏壇は材料や大きさによって価格が異なり、金仏壇では20万円から80万円ほどが相場になっています。そして、最近は仏間がなく洋室に置く人が増えており、新型仏壇も人気があり価格も含めて選ばれています。そのため、ニーズに合わせて選ぶことが大切です。

詳しく見る

都会で多様化するデザイン

墓

霊園の分類と特色

ご先祖様や大切な家族をはじめ、自分のお墓を東京で建てる時も、墓石のデザインを決めることは大切な作業です。一般的に見られる和型は、江戸時代の中頃には既にその様式があったとされており、東京でもポピュラーなデザインになっています。主に中台と上台と呼ばれる2段の台石を備え、そこに竿石という縦長の石を建てるのが特徴です。ところが、東京などの大都市では、洋型のデザインでお墓を建てるケースも増えています。洋型は最上段の竿石も含めて横長のデザインでまとまっているのが特徴で、外観には安定感があり、モダンな雰囲気も印象的です。また、家名を入れる墓石の前面に、家名以外の文字などをあしらう場合が多いのも特色となっています。そのほか、現在では和型でも洋型でもない、オリジナルデザインの墓石も注目されており、自分らしさを表現できる新しいスタイルのお墓として、広がりを見せています。東京の石材店には墓石のデザイナーなど、専任の設計スタッフが在籍しているこも多々見られるため、個性的なお墓を用意したい時は相談してみると良いでしょう。一方、東京には霊園や墓地が揃っていますが、大きく分けますと、公営霊園と民営霊園および寺院などの墓地に分類されます。公営霊園は管轄の自治体に住む人しか使えませんが、宗派などは関係なく、安い費用で利用できるのが特徴的です。民営霊園も宗派などは問われませんが、こちらは住民以外でも受け付けており、東京でも立地に優れる民営霊園があります。そして、寺院などの墓地は東京の都心部にも比較的多く、宗派などに制約がある場合も見られますが、檀家の法要や永大供養といったキメ細かい対応が整っているのも魅力です。ただし個性的な墓石は建てられないこともあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

Copyright© 2018 【自分のお墓を建てよう】墓地や霊園を選ぶコツを大特集 All Rights Reserved.