永代供養も終の棲家になる

花

自分たちだけの物ではない

お墓を建てようと考えていても、知識がないという方も多いのではないでしょうか。お墓参りはしたことがあっても、お墓を建設することをしたことがある人は少ないのです。田舎にお墓はあるものの、家族を作り上げてきて、自分たち夫婦の、家族のお墓を考えようと思う人も多いでしょう。それに、田舎にお墓がある方で、年齢的にもなかなか実家の方に帰れないと言う方も増えてきています。お墓じまいをする方も増えてきていたり、また東京などに自分たちのお墓を建設して、そこに両親や先祖の遺骨を移転するという方も増えてきているのです。東京の墓苑に土地を購入するとなると、場所や大きさにもよりますけど、家を購入するくらいの価格が必要だと言われています。家を2軒購入すると考えると、なかなか大変なことです。家を購入する時は、30代でも、墓苑に土地を購入する時は、家のローンが終わってからや定年退職後になってしまうのが現実です。また不幸があってから考えるという人がいるのも現実です。東京で終の棲家を考えている方は、墓苑に土地を購入して墓石を建てるだけではなく、永代供養をしてくれるお墓ということも現代にはあるのです。永代供養と言うと身よりのない方というイメージを強く持たれてしまうかもしれませんが、昨今ですと、子供などに迷惑をかけないように、このようなお墓を選ぶ方も増えてきているのです。東京で、土地代などが高いからこそ、この永代供養の終の棲家という選択肢も広がるのかもしれません。

Copyright© 2018 【自分のお墓を建てよう】墓地や霊園を選ぶコツを大特集 All Rights Reserved.