ニーズに合わて選ぶ

仏壇

形と大きさを比較する

仏壇を選ぶときには置く場所の広さによって決めることが第一です。現代社会では仏間がないところも多いため、様々なニーズに合わせて種類が用意されています。まず種類としては、金仏壇と唐木仏壇と新型仏壇があります。その中で、金仏壇は内部を金箔で施し高級感があります。このタイプは昔からあるタイプで、選んでいる人が多いです。価格としては、20万円から80万円ほどが相場になっています。そして、唐木仏壇は黒壇やシャム柿などの高級な木材が使われています。そのため、木のぬくもりを感じられて、その場の雰囲気を壊さずに置くことができます。価格は、使われている木材によって異なりますが、10万円から100万円以上と値幅が広くなっています。そして、最近多くなっているのが新型仏壇で、洋間でも違和感なく置くことができ、暮らしに溶け込むデザインが人気です。価格としては10万円から30万円ほどで購入ができ、他の仏壇と比べて購入しやすくなっています。ちなみに、設置する場所によって形を選ぶことができます。例えば、昔ながらの仏間がある場合には置くスペースがあり、そのサイズに合わせて選ぶことができます。その中でも、上置用の仏間と地袋付き仏間などがあるため、奥行や幅を計算して購入することが大切です。それに対して、仏間がなく部屋も大きくないというところも増えていて、家具の上に設置できるタイプもあります。仏壇は材質や大きさによって価格に幅がありますが、ライフスタイルなどニーズに合わせて選ぶことが大切です。

Copyright© 2018 【自分のお墓を建てよう】墓地や霊園を選ぶコツを大特集 All Rights Reserved.