最適なお墓を用意するなら

花

石材と吸水率の関係

予算内で墓石を用意することは、大阪でお墓を建てる際も重要ですが、石材にも種類が数々ありますので、個々の特色を加味して検討するのが大切です。墓石に用いる石材は数百種に上るともされており、現在では海外の石材も増えています。国産も流通していますが、採掘量が減っているため、希少価値から高級墓石となっている石材が見られるのも特徴です。そして大阪でお墓を建てる際、長持ちする墓石をご希望なら、吸水率に着目して墓石を選ぶと良いでしょう。例えば、みかげ石は総じて吸水率が低く、国産では芝山石も吸水率の低さで定評があります。また、青葉みかげとも呼ばれる青葉石も吸水率が低く、高い硬度と青色の美しい光沢を持っているのが特色です。もしも、大阪で青みを帯びたお墓を用意したい時は磐梯みかげも良く、濃い青みが綺麗な高級石材となっています。そのほか、紀山石も吸水率が低く気品のある青みを持ち、長期に渡り風化を抑える硬さも備えた墓石です。高温多湿の環境にも適していることから、湿度が高い大阪など、関西方面で多く使われています。そもそも吸水率の低い石材を選ぶ理由ですが、水は凍結すると膨らむ性質があるため、真冬に水分を吸って、墓石が破損するのを防ぐ意味合いがあるのです。一方、デザイン面では縦長の長方形を基調とした標準的な和型が人気で、比較的低価格で建てられるのが特徴となります。ですが大阪などの都市エリアでは、洋型の横長スタイルのお墓も、リーズナブルな価格で建てられることから近年注目されているのです。さらに伝統的な様式にとらわれないデザイン墓石も増え始めており、見た目に拘ったお墓を用意できます。

Copyright© 2018 【自分のお墓を建てよう】墓地や霊園を選ぶコツを大特集 All Rights Reserved.